家族葬で大切なマナーとは?

大事な家族が亡くなることは避けて通ることが出来ません。
どれだけ今元気な家族でも、いつかは必ず永遠の別れがやってきます。
遺族は悲しみに明け暮れるだけではなく、故人のために葬式のプランを行わなければいけません。
できるだけ故人の遺言や希望に合わせた葬式を執り行ってあげることが、最大の供養になります。
最近では故人が家族葬を選択することも多くなっています。
初めての場合、どんな葬儀なのかわからない人も多いでしょう。
当サイトではそれら葬儀の参列のマナーや豆知識をご紹介します。

家族葬を執り行うときや参列するときのマナーを学ぶことができる豆知識をご紹介!

家族葬を執り行うときや参列するときのマナーを学ぶことができる豆知識をご紹介! 現代は様々な価値観がみられる時代になっています。
既成概念にとらわれず、その人の意思や価値観が尊重される時代なのです。
そのことは冠婚葬祭にも顕著にみられるようになっています。
家族葬は現代を象徴する葬式のスタイルと言えるでしょう。
家族葬ではごく限られた家族だけで行う少人数の葬式であり、第三者の知人や友人は参列を控えるのがマナーです。
友人知人の家族葬を知ったら、電報を打ったり供花を手配して葬儀場に送ることで、お悔やみを表現することが出来ます。
家族葬を執り行う遺族も、訃報を伝えるときには第三者の参列をお断りするとともに、香典も辞退することをクリアに伝えてあげることがマナーです。
そこを曖昧にしてしまうと、思わぬ人が参列に来られご迷惑をかけることになるからです。
供花や電報のお礼も後日する様に忘れてはいけません。

家族葬とはどんな葬儀スタイルなのか知っておきましょう

家族葬とはどんな葬儀スタイルなのか知っておきましょう 葬儀というと近親者に加えて、故人が生前にお世話になった方達を呼ぶ大規模なものをイメージする方は少なくありませんが、近年は高齢化社会や環境情勢の移り変わりを受けて家族葬を執り行う方が増えてきている傾向にあります。
様々な葬儀スタイルの中から故人に適した納得の葬儀にするためにも、事前に家族葬の特徴を把握しておくことが大切です。
まず家族葬とは少人数で行う小規模な葬儀スタイルを指し、家族という名前がついていますが参列者は家族だけで行うスタイルもあれば、故人が生前時に親しかった友人を交えて10~30人程度の少人数で執り行う場合にも当てはまるとされ、明確な定義が決まっているわけではありません。
ただし一部の地域では家族2~3人で行う葬儀を家族葬としている場合もあり、全国的に見ても家族葬の受け取り方に行き違いが生じやすくなっているので注意が必要です。
また依頼する葬儀社によっても異なりますが、小さめのホールから一戸建てのような貸し切りホールを営めるプランもあるので、リラックスした雰囲気で式を執り行えることもこの葬儀スタイルの魅力だといえます。
また大人数の参列者の対応を行う必要がなく、故人とのお別れの時間をしっかりとることが出来ることもこの方法が選ばれている理由の一つです。

家族葬の参列者は何人程度がふさわしいのか

家族葬は昔ながらの一般葬とは異なり、最近になって登場した新しいスタイルですので、執り行う上での心配や疑問点も多いはずです。なかでも典型的なものとして、家族葬の参列者はいったい何人程度がふさわしいのかということがらが挙げられます。家族や親族のみならず、地域や会社、学校などの亡くなった人に関係するあらゆる人々が集まって盛大に供養をするのが一般葬ですので、家族や親族主体の家族葬の場合には、それよりも少ない人数となってくるのは当然のところです。家族や親族以外にも亡くなった人とごく親しかった友人などには特に参列してもらうこともありますので、最大の人数の見積もりとしては、30人から40人程度が妥当なところといえるでしょう。そうしたことからセレモニーホールなどの専用会場のキャパシティも少なめとなっています。もちんこれは最大の人数の目安ですので、実際には家族や親族の数がもともと少なく10人程度におさまることもありますので、個別具体のケースにより異なります。

一般葬より家族葬が向いているケースについて

葬儀といえば我が国では江戸時代に檀家制度が確立したこともあって、全国的に仏式が主流となっていますが、一部の地域では神式が伝統的に採用されていることがあります。このような場合に、新しい葬儀のスタイルである家族葬においてけもやはり神式での葬儀が可能かどうかは、ケースバイケースのところがありますので、葬儀社に前もって確認をしておくのがよいでしょう。仏式との大きな違いとしては祭壇があり、また焼香のかわりに玉串を捧げたり、位牌のかわりに霊璽を置くなどのこまかな違いもあります。特に家族葬の場合は、もともと参列者が一般葬よりも少なくなることを想定して、会場も小さめのところを利用することが多くなっています。葬儀社によってはわざわざ家族葬のために専用のセレモニーホールを確保しているところさえあります。したがって祭壇そのものも一般葬と比較すると小さめの場合が多いため、こうした祭壇が用意できるかどうかがポイントです。

家族葬を神式で執り行うことも可能な場合がある

葬儀といえば我が国では江戸時代に檀家制度が確立したこともあって、全国的に仏式が主流となっていますが、一部の地域では神式が伝統的に採用されていることがあります。このような場合に、新しい葬儀のスタイルである家族葬においてけもやはり神式での葬儀が可能かどうかは、ケースバイケースのところがありますので、葬儀社に前もって確認をしておくのがよいでしょう。仏式との大きな違いとしては祭壇があり、また焼香のかわりに玉串を捧げたり、位牌のかわりに霊璽を置くなどのこまかな違いもあります。特に家族葬の場合は、もともと参列者が一般葬よりも少なくなることを想定して、会場も小さめのところを利用することが多くなっています。葬儀社によってはわざわざ家族葬のために専用のセレモニーホールを確保しているところさえあります。したがって祭壇そのものも一般葬と比較すると小さめの場合が多いため、こうした祭壇が用意できるかどうかがポイントです。

家族葬の場合であっても参列者への返礼品は必要か

一般葬の場合であれば、会葬参列者に対しては喪主が返礼品を用意しておくのがマナーとなっています。この場合の返礼品の金額の目安としては、いただいた香典の金額の半分にあたる半返し、あるいは3分の1程度というのも世間的な常識となっていますので、特にこだわりがなければこうしたルールにしたがうのが無難です。ところが参列者を家族や親族などのごく親しい人だけに限定している家族葬の場合にもこうしたルールにしたがうべきかどうかは、喪主としてもかなり迷うはずです。実際のところ家族葬は新しい葬儀のあり方ですので、明確なルールが定まっていないところが多いのですが、もしも配偶者側の親族などの日頃からのつきあいがそれほど多くはない相手が参列しているようであれば、やはり原則どおりに用意しておいたほうが無難といえます。いっしょに生活をしている家族だけの場合であれば、あえて前もって用意はせずに済ませることもあります。このあたりは参列者との関係性を見て判断することになります。

家族葬では会葬辞退の案内をすることがある

家族葬はいうまでもなく家族や親族といった亡くなった人とはごく身近な関係にある人たちだけで執り行う、新しい葬儀のあり方をいいます。そのため従来のような一般葬の形式に慣れてしまっている人のなかには、こうした趣旨を理解せずに家族葬の場に押しかけようとする人もないとは限りません。そこで家族葬をする場合には、あらかじめ葬儀の案内状を出したり口頭での周知をしていない人たちを対象として、わざわざ別に会葬辞退の案内状を送付することがあります。この場合も文面には一応は式場や日付なども記載しますが、故人や遺族の意向によって近親者だけで執り行うこと、そのために一般の人の参列は辞退してほしいことを、明確に記載しておくのがセオリーです。こうした会葬辞退の案内状を前もって送付しておけば、招かれていないはずの人が当日に会場を訪れる心配はなくなります。形式はもちろん任意ですが、家族葬を取り扱っている葬儀社でも文面のテンプレートを用意していることがあります。

家族葬はプライベート感を出せるのが大きなメリットです

葬儀には色んな様式がありますが、近年家族葬を選ぶ人が増えているのは、プライベート感を出せることが大きなメリットになっているからです。
通常の葬儀の場合は、喪主や親族が参列者に対して挨拶をしたり、段取りを確認しなければならないので悲しみに浸っている余裕がありません。
最後の別れの場になるのに、本当に悲しみの中にいる人たちはその気持ちに向き合うことができなくなっています。
しかし家族葬の場合は、外部からの参列者がおらず、気の置けない家族や親しい親族だけなので、雑事に気を取られる必要がないのが魅力です。
プライベート感を出せるので、家族だけの思い出の場所に浸るセレモニーにすることができますし、故人が大好きだった音楽や趣味のことなどを最大限に出すことも可能になります。
いわばオリジナルの雰囲気を出しながら、最後の別れの時間をゆっくり作り上げることができるので、悲しみながらも満足度の高い葬儀を作り上げられるでしょう。

家族葬の場合は会社の上司や同僚は参列しません

家族葬を行う場合は、基本的に故人の家族や親戚だけが参列するので、会社関係者は参列しないことになっています。
故人や遺族が家族葬で行うということを決めたので、その意思を尊重することが重要です。
しかし生前、故人にはお世話になっていたのでお別れをしたいという強い思いがあるならば、参列はできなくても、電報や花をおくることができます。
あらかじめ連絡を取っておくとスムーズに受け取ってもらうことができますし、家族葬を行った場合でも、後日に社葬を行う場合もあります。
会社での重要なポストについていた場合は、家族だけの静かな葬儀を終えた後に、社葬を行うことも増えていますから事前に確認しておくとよいでしょう。
家族葬の葬儀に外部者が参列してしまうと、しめやかな葬儀を損なってしまったり、必要以上に遺族を疲れさせてしまうことになります。
故人の意向を踏まえることが何よりも重要なので、既存の葬儀の形にとらわれないことが重要です。

家族葬に身内以外の参列者が来る場合の対応の仕方

その名称から誤解されがちですが、家族葬は身内以外も参列ができます。
このタイプの葬儀には明確な定義はなく、故人と親しかった方なら誰でも参加することが可能です。
ただし参列を希望される方を受け入れるかどうかは、ご遺族の気持ちと会場のスペース次第となります。
また故人の遺言にそういった記載があれば、まずはそれを最優先にして叶える必要もあるでしょう。
家族だけの葬儀といっても、実際は数十人単位の参列者が集まることもあります。
もちろんそれとは反対に、ごく少数の身内だけで執り行われることも少なくありません。
どの程度の人数になるかはある程度予定が進むまでわからない場合がありますので、余裕のある葬儀プランを選択することも大切です。
そうすることで後から参列を希望される方が増えても、キャパオーバーになってしまうということも防げます。
もし参列者の予想がつかない時は、最寄りの葬儀会社に相談するのもいい方法です。
家族葬に身内以外の参列者がどの程度来るかという予想は彼らの方が詳しいので、ぜひ意見を聞いて参考にしましょう。

家族葬に親戚を呼ぶことはどのように考えればよいか

家族葬に親戚を呼ぶことをどのように考えればよいのでしょうか。
ちょっと考えると、そもそも家族葬という名称なのですから家族以外は参列しないのが原則のように思えます。
確かにこの考えも絶対に無いとは言えないのかもしれませんが、少なくとも一般的ではありません。
家族葬とは、従来の大規模なお葬式で家族や親類などはもちろんのこと、友人・知人・会社関係者・地域の有力者・近所の人など、非常に多くの人が参列する形式とは対極にある小規模な葬儀といった程度の意味合いと考えて下さい。
故人を見送る最小限の人が参列するというような意味であり、一緒に暮らす家族は言うまでもなく、普通は祖父母や孫、叔父や叔母といった生前関係の深かった親戚も参列するものであり、合計の人数は20名前後というのが一般的です。
もちろんあくまで標準的なケースを述べているに過ぎませんので状況に応じて判断いただいて構いませんが、一応の参考にはなるでしょう。

家族葬は故人の意向を最大限に叶えられます

昔は葬儀は家族や親戚だけでなく、会社関係者やご近所の人も集まって盛大に行うことが多かったのですが、社会情勢や人々の考え方の変化から家族葬を選びたいと考える人が増えています。
家族葬は参列者が家族や親戚などごく親しい人に限られているので、アットホームな雰囲気を作り出すことができ、お別れの会を悲しみだけでなく和やかにしてくれます。
そして故人の意向を最大限に叶えられるのが家族葬で、葬儀の際に流す音楽を自由に選べますし、生前の功績や写真を展示するスペースも設けられます。
親しい人たちに囲まれているからこそできるので、自由度が上がりますし、故人の希望に添えるのが魅力です。
また参列者が少ないので、これまでの一般的な葬儀より費用も抑えることができますし、最後の別れの時間もゆっくり過ごすことができます。
大事な家族だからこそ、これまでの葬儀の形にこだわらずに、新しい形を作り上げることで思い出深い葬儀になるでしょう。

家族葬のデメリットを解説!知っておくべき事実

家族葬は親しい人だけで故人を送るスタイルとして注目を集めています。
そのため、参列者を厳選しやすく遺族の負担も減らすことが期待できます。
しかし、家族葬にはデメリットも存在します。
参列者を絞ることにより、故人とのかかわりが深い人でも招待しないことでトラブルが生じる場合があります。
限られた参列者によるひっそりとした雰囲気が逆に心の負担になることもあるでしょう。
また、費用が削減できるというイメージがありますが、小規模故に一人当たりの経費は高くなりがちです。
家族葬が必ずしも経済的だとは限らず、事前の見積もりと照らし合わせながら検討する必要があります。
さらに、家族葬は事前の準備としてその範囲や方法についてしっかりと家族で話し合う時間が必要です。
何を重視して家族葬を選ぶのか、どのように故人を偲びたいのか、心に留めておくべき点は数多くあります。
家族葬のデメリットを理解し、それでもその形式を選ぶ理由を見つけた際には、それが最善の選択と言えるでしょう。

家族葬の実施でトラブルを避けるためのポイント

家族葬は近親者だけで行われるため、親しい人たちの心を一つにして故人を偲ぶことができます。
しかし、家族葬にはいくつかの注意点があり、事前の準備や理解がトラブルを防ぐ鍵となります。
まず、参列者の範囲を明確にしておくことが重要です。
家族葬の意向をご近所や知人にきちんと伝え、誤解を与えないよう配慮しましょう。
その際、招待する人たちに対して直接説明をすると、より納得感を持ってもらいやすいです。
費用に関しても事前に計画を立て、参列者が負担する料金の範囲を決めておくことで後から問題が起こるのを避けられます。
費用の内訳を公開することで透明性が高まり、安心感につながります。
葬儀社との打ち合わせも丁寧に行い、必要な事柄を共有しておくことで、当日のスムーズな進行が期待できます。
故人の遺志を尊重するためにも家族葬を選ぶことは価値がある選択ですが、事前のコミュニケーションや計画性が、さまざまなトラブルを回避するためには不可欠です。
家族葬を執り行う際は細部にわたって注意を払い、皆が安心して故人を送り出せるよう心がけましょう。

増加する家族葬とは?その理由と形式に迫る

家族葬が注目されるようになってきた背景には、高まるプライバシーの尊重や経済的な理由が挙げられます。
家族葬は、故人と親しい家族や親族だけで行う小規模な葬儀を指し、参列者を選びやすいという特徴があります。
近年増加する家族葬は、少子高齢化による家族構成の変化、無宗教化の進行も影響しています。
これらの社会状況が組み合わさり、身内だけでゆっくりと故人を偲びたいというニーズに応える形で家族葬が選ばれやすくなっています。
家族葬では、大規模な会場を予約する必要がなく、家庭のリビングや小さな礼拝堂でも数人〜数十人規模で執り行うことができます。
そのため、経済的な負担を減らすことが可能ですし、故人との距離が近い人たちだけで心からの別れを告げる時間を持つことができるのです。
また家族葬には、個人の意向を尊重した形式が取り入れられることが多く、故人の人生や遺族の意向をより反映できるという利点があります。
家族葬を計画する際には、故人との関係、葬儀のスタイル、実際の執り行いまでの準備など、様々な側面を考慮する必要があります。
遺族の意向を尊重し、故人を偲ぶにふさわしい家族葬を行うことで、個人の死生観に合った別れの形を実現できるでしょう。

家族葬の選択肢として注目、海外の事例に学ぶ

近年の葬儀のあり方として多くの選択肢が提案されていますが、中でも「家族葬」への関心が高まっています。
家族葬は、故人と親しい家族や親族のみで行う小規模な葬儀のことを指し、費用の面だけでなく、静かで落ち着いた環境で故人との最後の時間を過ごせる点が評価されています。
また、海外での家族葬における事例も参考になります。
例えば、一部の国では遺族の意向に沿って自然に還る埋葬方法を取り入れたり、社会的な習俗に合わせて葬儀をシンプルに行うことが一般的です。
これら海外の事例を参考にすることで、日本における家族葬の在り方も豊かな選択肢に恵まれる可能性が広がっています。
家族葬は一人ひとりの想いや故人の意向を尊重するという意味でも重視されるべき点です。
落ち着いた空間で故人を偲び、その人生を穏やかに振り返ることができるのは家族葬ならではの利点であると言えるでしょう。
家族葬について正しい知識を持ち、海外の事例からも学ぶことで、故人にふさわしい葬儀を実施することが可能になります。

家族葬と密葬の違いとは?それぞれの特徴を解説

近年、故人と親しい人だけで行う家族葬が注目を集めています。
従来の葬儀と比べて少人数で行う家族葬は、故人との別れをゆったりと心に留めるための時間を大切にしたいと考える方に選ばれることが多いです。
また、密葬も家族葬と同様に親しい人だけで行う点は共通していますが、こちらはより限定された人々によるもので、その後に改めてお別れの会を行う場合があります。
家族葬と密葬の最大の違いは、後者があくまでも内々に行い、しばしば公にはその存在が知られないという点です。
次に、家族葬のメリットとなるのは、シンプルで落ち着いた雰囲気で故人を偲べる点です。
これは、親族や友人が集まり、故人との思い出を共有しやすい環境を作ることができるためです。
ただし、家族葬はあくまで故人との関係性を重視し、遺族の意向を尊重する形で行われるため、場合によっては親しい友人が参列できない状況も生じ得ます。
密葬においても、家族や特定の親族のみで行われるため、同様の課題が考えられます。
最終的には、故人の意志や宗教的な背景、遺族の希望などを総合的に判断し、それぞれの葬儀の形を取捨選択することが重要になります。
故人との思い出を大切にし、遺族の気持ちに寄り添う葬儀を選ぶことで、故人の人生を讃え、満足のいく最期のお別れができるでしょう。

おすすめの葬儀情報サイト

千葉市 家族葬

返信先:うちは、お通夜の時に親戚が「バラも入れたよ!お母さん好きだったもんね!」と洋風の献花をしてくれました。マナー的にアウトでしょうが家族葬でしたし、みんなほっこりしました。 葬儀屋さんも「こんなに穏やかな式はなかなかないですよ。良い式でした。」と父にこっそり伝えていたらしいです。

-->